これ作れそう~って物色しながら雑貨屋を巡るのが好きです。既製品は買い渋るくせに、資料や材料には至ってザル。むしろ買った方が安いだろう、手作りにまつわる日々のあれこれを綴る「ソーイングブログ」です。(たぶん)
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ペイント祭り
2012年05月05日 (土) | 編集 |
世間並みにそこそこ忙しい年度末を過ごし、
新年度でバタバタし、草野球で日曜の度に出掛け、
そうこうしてたら5月でした・・・。(え・・・)
記事が遡ったり戻ってきたり色々行き来しますが、ぼちぼち更新します。





ダイニングのテレビが、かれこれ1年半、
小型冷凍庫の上で仮置きのまま定着しつつあったので、

IMG_6073.jpg

奥行きの少ないテーブルを購入。
古木と言うからには、もうちょっと古びた感じかと想像していたら、
全くアンティーク感に欠ける代物だったので、

IMG_6074.jpg

ワトコオイルでペイント。

IMG_6075.jpg

調子よく塗り始めたものの、
すのこの部分が恐ろしくメンドクサイということに気づき、
激しく後悔・・・。

IMG_6079.jpg

が、古い木造校舎にありそうな、色合いになりました。
自己満足。

・・・だったのは、確か3月だったか・・・。



  
スポンサーサイト

赤カビか赤サビか
2011年05月29日 (日) | 編集 |

IMG_4647.jpg

浴室の床に、結構早い時期から付いていた赤茶色の点々。
クリームクレンザーでこすっても落ちず、
今までにうちの風呂場では培養したことのない「色」だったので、
ネットで調べたり、職場で相談したりしていたら、

「それは赤カビじゃないの」「増えるよ」と言われて、
(((( ( ゚ Д ゚ :) ))))   (なんですってぇ-)

「沸騰重曹水」がいい、と聞いて作ってみたり、
急いでカビキラー的な洗剤を買ってきて吹きかけてみるも、無反応・・・


夜な夜な調べて行き着いたのは、
赤サビ色のカビ、ではなく、赤サビなんじゃないか、ということ。
まれに、鉄分の多い水道水が付着したり、ヘアピンなどからもらいサビで
付着したりすることがあるそうで、
心当たりがなかったので、はなっから除外していたのだけど、

(あ・・・鉄粉が落ちた可能性、あるかも)

そういや、お風呂の残り水を洗濯に使うために、
浴室の壁にホースを通す穴を開けてもらったので、
その時になしかしらの金属は落ちてるんじゃないか。
そして、間違いなくお風呂掃除は行き届いていない。

(これやん・・・!)


IMG_4653.jpg

正体がほぼ特定できたので、今度は「赤サビ」で検索。
鉄が化学反応してさびるので、それを戻してやればいい、と
書いてあったのだけど、そんな理科的なことは私には理解できず、
とりあえず「ハイドロハイター」を買ってこい、ということで、
お湯に溶かしたそれを、歯ブラシで塗っているところ。

漂白剤って、「白物」と「色柄物」の2種類だと思ってたけど、
「塩素系」と「還元系」があるなんて知らなかった!


IMG_4654.jpg

右上の茶色のシミみたいな部分が、
液を付けてこすった後。
ほとんどの点々は、こうやって付けてすぐこすっても
簡単に落ちていきました。

なにより腹が立つのは、
両親とも、この床に気が付いてすらいなかったということ。



img-4658.jpg

感謝、感謝。
少なくとも、うちのオカンよりええ仕事します。


出窓出現
2011年02月21日 (月) | 編集 |


ドイツがまだ西と東に分かれてる地球儀と、
20年前くらいの大辞林と、
その他ゴミ多数が「とりあえず」2ヶ月置かれたままだった出窓、
ようやく全貌が明らかになりました。広い!

あはははは・・・。
(笑とこ、笑とこ)



「どうせ、すぐ物であふれるんですけどね」





そんなことより、ゴールドクレストがピンチです・・・。
(やっぱりこうなる・・・)(泣)

ウッドデッキ(3)
2011年02月12日 (土) | 編集 |



うっかり、「塗っときましょか~?」と言ってしまったがために、
シャチョーさんの、「うん、塗っといて~」と、
「なかなか上手いや~ん!」に乗せられ、
スクリーンを全部塗る羽目になってしまった大工さん、改め塗装屋さん。

「うゎ~っ、あれ誰が塗った~ん!?
めっちゃ上手いやんっ!!→」

と自分で絶賛。(やけっぱち)



組み立ては2日弱。あっという間に完了し、
シャチョーさんは、翌日ブロック塀にボルトを留めに来られて、
翌週はもう休めないな~と言う私に、
「いない間に(2度目の塗装)塗っときます・・・」と不敵な笑みを浮かべて
帰って行かれました・・・。(く~ぅ・・・)(笑)




やっぱり、早くて、丁寧で、息ぴったりで、
さっすが・・・☆(早すぎてがっかりやし)(笑)
寒い中、どうもありがとうございました。



そこはひとつ、サービスで

ウッドデッキ(2)
2011年02月12日 (土) | 編集 |



長い板を順に留めていくと、最後の方で5mmくらい段差が出来てしまうので、

「もう、手~では持ち上げられへんからー」 
ビスを打ち込んで、
「こうやって持ち上げといて、留めるんです~」 
「テコの原理っすゎ~・・・。」
と解説付きで見せてもらってるところ。ほぇ~・・・☆

(※社会科見学の小学生みたいになってますけど気にせんといてください)



「また(ブログに)投稿されるで~」
(えぇ、ご覧の通りです)



エェッ!シャチョーさん、コンパクトすぎっ!!
(((( ( ゚ Д ゚ :) ))))

・・・と思ったら、床板が1枚外してあったのだった。
あーびっくりした。



「体、柔らかいんです」と水道屋さん。
「浅田真央ちゃんには負けるけど」

・・・って勝負しなくていいです。



そこで切っちゃう。



(片付け中)

端材をトラックへ運ぶのに、長いままじゃ運びづらいから、と
突如、厚さ4cmの板と格闘し始めたシャチョーさんを、



たった今片付けたばかりの丸のこを、再び引っ張り出して、
無言でコードを差し込んで、(はぃはぃ、無理無理)と
大工さんが一瞬で鎮静(笑)。ちゅい~ん。

あと5分くらいそのままでも面白かったのに。

ウッドデッキ(1)
2011年02月09日 (水) | 編集 |

勝手口にウッドデッキ・・・を、手作りの予定だったのですが、
リフォームの続きに、シャチョーさんとこでお願いすることになって、
そんでもって、同じ大工さんに来てもらえることに。



という訳で、1ヶ月ぶりの大工さん。
お久しぶりでーす。



仕事は、休めないこともなかったけど、お昼過ぎまでが忙しくて、
「作業が見たいのでお休みします」とも言えず、
「都合で、この3日間、状況によって(OKなら)お昼で帰ります!」宣言。
勝手にカレンダーに予約を書き込み(笑)、

やることやって片付けて、「あとはよろしく~!」って
ダッシュで帰ってきたのに、わずか半日でもうほとんど
出来上がってるんでないか?・・・。はやっ!大工さん、はやっ!

と言うか、・・・えーっ???もう色が塗ってあるー。
私、てっきり組み立ててから塗るんだと思ってました。



そういえば、事前にシャチョーさんから、
「塗装は、着色よりまず防腐と防水が目的やからー」と伺ってたので、
裏側とか、塗れない箇所が出てくるから先に塗ってあると聞いて、
あぁ~!・・・なるほど~!と納得です。

ただ、気温が低いのでまだ完全には乾いてなくて、
触ったらうっすら塗料が手に付いてしまう様子・・・。
大工さんが、「もー、手がコッテコテや~!!!
って言いながら、孤独に素手で作業中でした。



そうこうしてたら、追加の木材と一緒にシャチョーさんが到着。
(あ・・・!材木屋さんが来たったみたいですよ~!)

早速、大工さんがデッキの方を見ながら、
もー、ぜんっぜん乾いてへん!!
って訴えたら、

「夏場やったら、2時間くらいで乾くのになぁ。」
「2日前に塗ったのに~、これ・・・。」
「ほんまは組んでから塗るんやけど~・・・」 とシャチョーさん。

(エ~ッ???ソーナノ~?)
(どっちの手順がほんま?)と思ってたら、

「だって、汚れるもーん!」
(あっけらかーん)

今、何と?・・・。

大工さん唖然・・・(笑) 思わず顔を見合わせて、
(今、汚れるもーん、って・・・。さらーっと言いましたね、
さらーっと・・・。ね、ね、)とヒソヒソ言いました(笑)


「絶対、シャチョーさんの嫌がらせや・・・(笑)」


りほーむ*階段
2011年02月06日 (日) | 編集 |


全面薄い合板の、安っぽーい階段だったのですが、
壁のついでに、ここにも漆喰を塗りました。
上がり降りする時に、つま先や踵が当たってしまうので、
そのうち剥がれてしまうような気がするけど、
その時はまた塗ればいいのだ。
暗かったのが、明るい感じになりました。ええ感じ、ええ感じ。
板が、一枚板ならもっといいんですけどね。




そうそう、手すりに使うはずの金具が、
予定通りに全部使うことができなかったので、
余った棒とそのパーツで、ここにも手すりを付けてくださいました。

どこかに付けようか、どこにしよう、と話している時に、
ふと思い出して「ここ、ここ!・・・ここにあったら絶対えぇよ~!」と
シャチョーさんが階段を上がったり降りたりしながら力説してはって、
(ふ~ん、そうなんかぁ、こんなとこに要るんかなぁ・・・?)と思ったけど、
気が付いたら必ず掴んでるからびっくりします。(あ・・・!)

「何ということでしょう!」(ビフォーアフター風に)

上がり降りしやすいんです、これがー。
そのたびに、(すっごーい)と思ってしまう。
シャチョーさんすっごーい。

きっと、何かの匠。

りほーむ*そらえもん
2011年01月10日 (月) | 編集 |

フェリシモの子ども服カタログ「ano:ne」が好きで、
もう何年もコレクションしてるのですが、(カタログをね)

とある号の、たった数ページ、撮影の背景に使われてた空のパネルが
ものすごく可愛くて、どきゅーん。空模様に弱いのです。

あれはどうしたら手に入るんだろう、
どこかで売られているんだろうか・・・と想い焦がれて、
思い切ってフェリシモに問い合わせまでしたんですが、
撮影の小道具で出所不詳とのことでした。
(何なんだろう、この普段にはない行動力は・・・)




じゃあ、空のポスターを探せばいいんじゃないか。
(見つけられなかった)

それとも、実際の空を撮影して、大きく引き伸ばせばいいんじゃないか。
(気に入った雲が出なかった!)

いやいや、油絵とか描くキャンバスに、空を描けばいいんじゃないの?
(描けるかな・・・)

それか、水色の布に、白いスプレーで雲を描くとか?
(う~ん、これかなぁ・・・)



・・・と、そーんな構想だけ練っていたところに、
天井と壁のクロスを選ぶよう、シャチョーさんが持って来られた、
めちゃくちゃ分厚いカタログの中に、青空模様の壁紙はーっけーん!
(そっかー、空模様の生地は探したけど、気付かなかった~)
(そういや、これを天井に使ってる部屋を雑誌で見たことあったぞー)
リフォームとは別に、どさくさに紛れてこの壁紙を注文していただいた。

なので、内装屋さんにいつか貼り方のコツを教わっておこう~、
と思っていて、ちょうど機会があったので、
「スプレーボンドで貼ろうかと思ってるんですけどね・・・」と尋ねたら、
「あ~、貼る物(土台)さえあったら貼りますよ~!」と言って下さって、
それは、もうコツでも何でもなく、丸投げしちゃえー的なお返事なわけで。

えぇーっ、イインデスカ~!
じゃ、じゃあ、工事が終わらないうちに、
急いで何か土台を用意しとかんと~!



玄関先で、そばに立てかけてあった板を、
「じゃあ、この辺のやつを・・・」と冗談まじりで狙っていると、

「あ~、それは薄すぎてダメなんっすわ~」
「そっちは荒いから、壁紙が(凸凹を)拾ってしまう・・・」
「それは、ちょっと重たいで~」、と大工さん・・・。

あかんか(笑)
じゃあ、(じゃあ、って・・・)ホームセンター行って買ってこ~。
「表面がツルツルのやつがいいっすよ~」
「分っかりました~!♪♪」

そう言って、その場を離れて家の中に入って用事をしてたら、すぐさま
「パネル、どのくらいのサイズですか~?」とシャチョーさんが呼びに来られる。
その間、時間にして3分くらい。私と入れ違いで戻って来られたっぽいです。
へっ?
(((( ( ゚ Д ゚ :) ))))

内装屋さんと大工さんのアシストで、「んじゃー、僕探して来るわー」と、
シャチョーさんが土台を用意してくださる話がまとまってました。
(す、す、すみません・・・)(いいんですか・・・?)(やっほーぃ)

全て丸投げ



キャンバスみたいな状態の物で十分☆、と思ってたら、
立派な額縁に仕上げてもらって、かなり恐縮・・・。
工事の片手間に端材でちょこちょこっと、というレベルではないのです。
シャチョーさんと大工さんの二人三脚で土台が出来上がると、右から左へ、



内装屋さん、ちょちょいのちょいで貼ってくださいました。
(この日の作業は終わったのに、余計な仕事をさせています)


プロ集団の技の結集。
たぶん、・・・確実にボランティアなのです・・・。よね。

壁紙が届いた時、一瞬分からなくて、
聞き流してしまったので、空耳だったかもしれないけど、
「はぃ、そらえもん」とシャチョーさんが呼んではった気がするので、
(って、実際のところ、どうだったんですかね?)

この子の名前は「そらえもん」です。
ありがとうございました。大事にします。
(ただ、若干、置き場所に困っています・笑)


おまけの「みにそら」
(ダイソーで157円で売ってたキャンバス)

残りの分も、糊を付けた状態で置いて帰ってくださったので、
捨てるには忍びなくて貼ってみましたが、
(ベタベタに悪戦苦闘しました。もー、2度と貼らない!)(笑)

りほーむ*シャッフル!
2011年01月10日 (月) | 編集 |

素焼きタイル風のフロア材を貼ってもらった一角。
濃淡が付いて、わざと混ぜ混ぜで入っているので、
トランプみたいに、薄いの、中くらいの、濃いの、に分けて、
シャッフルしながら敷き詰めてくださってます。
メンドー臭いの選んで、すみません・・・(笑)


外に回れば良かったんですが、あっという間に
もう終わりかけだったので、後ろから失礼しま~す。

りほーむ*たあ坊
2011年01月09日 (日) | 編集 |

木材を組み立てた時に、ビスの頭を隠すために、
丸く開けた穴の中にビスを留めて、その上から丸棒を埋め込む、
という方法があるのですけど、

ん????なにやってるんすか?


ええぇーっ! (((( ( ゚ Д ゚ :) ))))

大工さん、ノミで角材を鉛筆みたいに削り中。

「ノミって・・・そんな使い方もあるんですか・・・!(笑)」
「臨機応変に・・・。」

用意してた丸棒のサイズが合わなくて、
急遽手作りしないといけなくなったんだそうなのです。
(たぶん、「角材」じゃなくて、板を細長く切るところから、だと思う)



こうやって、打ち込んだら、


後は、


切り落として、



「ああ、それ○○でしょ!」と言いたかったのだけど、
「タボ」だったか、「ダボ」だったか自信がなくて言えず、
なんか、「たあ坊」 的な名前やったな・・・と思いながら見学。
(調べたら、「ダボ」でした)

丁寧に仕上げてくださって、ありがとうございます。
丸棒じゃないけど。(笑)

みんなのたあ坊 ・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。