これ作れそう~って物色しながら雑貨屋を巡るのが好きです。既製品は買い渋るくせに、資料や材料には至ってザル。むしろ買った方が安いだろう、手作りにまつわる日々のあれこれを綴る「ソーイングブログ」です。(たぶん)
たけのこご飯
2009年04月30日 (木) | 編集 |

父の実家で手付かずになっていた、竹やぶ近くの畑を、
親たちが親戚と共同で手入れをして、何やら栽培をしている。らしい。
野菜を収穫しに行ったら、「畑」にたけのこが出ていたそうで、
その日の夕飯は、「たけのこ祭り」に。
母が(タダで食材が手に入って)ご機嫌だった。

この時期には絶対食べたいたけのこ。
私がつまみ食いを「しないはず」がなくて(笑)、
テーブルに並べながら味見をしたところ、
おい、たけのこ、というよりは、「竹」じゃないか。

もうちょっと「食べられそうなところ」かどうか見極めて、
「もったいなくても」多めに切り落としておけばいいのに、
「いやぁ、じーっくり炊いたらええかなーと思った」と。(むり!)
多分、本当に食べられる部分は、先の5cmほどだったんじゃないだろうか。

ガシガシ噛んでもばっちり口の中で残る存在感のある繊維は、
例えて言うなら、「サトウキビ?」(昔1度だけもらって食べたことがあったような)、
それとも「たたみ?」(食べたことないけど)
「竹」が混ざっているお陰で、どれもこれも怪しく思えてしまえて、
これは当たりか外れか?と疑わないといけなくなるから惜しいのです。
よーく見たら、断面が、「うちわの持ち手」の断面みたい…。
「食べ物」ではないわな。




そんな竹の煮物も、まだ可食部は美味しく食べられたので百歩譲ってよしとして、
ありえなかったのは、夕飯に食べなかったため翌日のお弁当に入れたご飯だった。
(寒かったので、勝手にうどんを作って食べた)

母曰く、「水がちょっと多かったかな」な、たけのこご飯は、
雑炊か!というくらいドロドロだったけど、まー、それも気にしないことにして、
こちらには限りなく皮なんじゃないか、というくらいのペラペラなたけのこしか入っていないのが、
多少気になったけど、それも気にしないことにして、問題は味だった。

しょうゆ色に色づいてはいるのに、味がしない…。しない、というか、
おそらく「かつをだし(顆粒)」の味がするだろうな、と予想しながら食べている私の脳が、
「一致しない」と言っているような…。それが何味なのか分からない。(美味しくない)

「青い葉っぱ物」の野菜を小さく刻んで入れたんだな、と
最初気にも留めなかった、モスグリーンの、それが、
「山椒の葉っぱ」だということに
だいぶしてから気が付いた…。

炊き込むなぁぁぁ!
普通、生の葉を飾るものでしょう。


たけのこご飯
「理想図」

スターボウル
2009年04月26日 (日) | 編集 |
朝の窓辺の風景。


ことごとくなぎ倒されている。



「マイボール(約10ポンド) 」
(※画像使いまわし)



視力検査
2009年04月26日 (日) | 編集 |

コンタクトの度が合わなくなっているのが気になりつつ、そのまま使い続けていたのですが、
スペアが残り1枚になったのでネットで注文しかけて思い直し、
この際だから測り直してもらうことに。重い腰を上げ眼科に出かけました。
ほんまは「3ヶ月に1度は定期健診を」って言われてますけどね。
私が行く時は、「失くした時」か「見えづらくなった時」か「アレルギーがひどい時」。
ある意味「定期的」ですが…。

だいぶ「ぼんやり」になっていたらしく、2段階くらい上げてもらったよう。
これでもうベンチから外野フライも見えますなー。(ええ、見えてませんでした)
テストレンズで帰宅したのですが、急によく見えるようになったので、
頭がクラクラして、パソコンを開いたまま 昼寝 爆睡し、起きたら、
「ワイヤレスネットワーク接続 利用不可能です
という見慣れた表示が<太字ゴシック体>に見える・・・。

さすがによう見えるわ~、こんなに離れた場所やのにこんなにハッキリ見えるんか…
と感心したものの何かチガウような気が…。

よーく見たら、猫が文字の大きさの設定を、また変更しておりました…。



「前科1犯」 (※画像使いまわし)

「起きろ」
2009年04月25日 (土) | 編集 |

休日の朝に限って、早朝から馬のように走り回っている黒いやつ。
こちらが気を抜いている時に、突如戦闘モードになったかと思うと、
「服の上から」、ではなく、確実に服から出ている「素肌の部分」を狙って、
前足で抱え込み、後足でキックを連発、
勝手に獲物とみなし、「息の根を止めてやるぜ」というスイッチが入ってしまう。

という、とっても悪い癖がある。

半袖でいつまでもぐずぐず寝ていた私が悪いのか、それとも
爪切りを忘れていて、1本だけものすごーくするどく伸びていたのが不運だったのか、
「はよー起きんかぃ!」と甘噛みしてるうち、
私が腕を振り払うので、(動くものに反応するらしい)
勝手にヒートアップしやがった結果、


腕がこんな有様に。(※一部です)



「ザ・ハンター」


誰がエサ買うたってると思ってんねん…!(しかも高いんやな)

広島へ2
2009年04月23日 (木) | 編集 |

帰りのSAで、手持ち無沙汰に人生初ガチャガチャ(たぶん)



職場で履いてる、なんちゃってクロックスの、
穴に差し込む(何て名前だっけか)が、片方なくなっていたので。



中身はこの子。



カプセルはキミにあげよう。(中に鈴を1つ)

↓ ↓ ↓
(続きもあるよ・・・)

広島へ1
2009年04月22日 (水) | 編集 |

親戚と広島へ向かう途中、立ち寄った吉備SAで。


何だかいい雰囲気の自販機発見!


  
わざわざ車にカメラを取りに戻り、シャッターを切っていると、
知らないおじさんに「このニセモノ感がいいねぇ~」と話しかけられる。
「ねえ!よく出来てますよね~!」(←すぐさまなじむ)



  
 ちびっこにはたまらん。     なに、兄弟もいるらしいぞ。

目覚まし
2009年04月22日 (水) | 編集 |

よく晴れた休日の早朝。
「びー、よよよぉぉぉぉぉ~ん、びー、よよよぉぉぉぉぉ~ん…」という、
聞きなれない音で起こされた。音源はこいつだ↓


「手にとってみる」



「鼻先でフンガッとなってみる」



「かじってみる」


カシュカシュフーディ
2009年04月15日 (水) | 編集 |

パターン :  Recherche 「カシュカシュフーディ」レディース



自分用に買っていた型紙ですが、週末に
「呉のおばあちゃん」(祖母の妹)のお見舞いに行くことになり、製作。
私が中学生の頃に会ったきりの、(大昔だな)
当時は小学生だった「ふたいとこ」ちゃんに。

年明け早々に行くだの行かないだの言っていたので、
もうこれを縫う気満々でいたのだけど、
そろそろ暑いやんか、と思わないでもなく。ま、いっか。

評判どおり、ほんとにあっという間に縫いあがってビックリです。
いつもぐずぐずだらだら、手の遅い私が、
朝(今日は定休日でお休みなため)、裁断して、
テレビでタモさんが登場する頃にはすでにマネキンに着せてました。

生地はTシャツ地程度の天竺ですが、
袖や裾が2重なので、トレーナーっぽい雰囲気。

少しコンパクトだということで、確かに「ゆるゆる」ではないですが、
私が着て「ぴっちぴちー」でもないので、「M」でもないな、という感想です。
裏毛で作ろうと思っていたのですが、それだと少し小さく感じるかもしれないです。
というか、もう今から自分の分を作る気が(暑くて)、ない。

 




お店のHPの画像は、子ども用。


ベビーT(背番号9)
2009年04月15日 (水) | 編集 |

パターン :  RR「ベビーTシャツ」80


試合(草野球)が入らないので、
その間に、お祝いTシャツ、作り直しです。
生地はたぶんフライス。
3本ラインは、テープの幅を9mmから6mmにしました。


   






嘆かわしい
2009年04月15日 (水) | 編集 |

ちゃんとプロセス通り作った、リベンジきなこクッキー。



先日作った、セオリー無視クッキーの話を、
どーしてもプロに話したくて、アホなメールを送ったところ、

「クッキー生地を作る時に、
バターは絶対溶かしてはダメですよ」
と、
パティスリー・ド・グラースの亀ちゃんより、丁重な突っ込みメールをいただいた(笑)



(以下、メールより抜粋)

「柔らかくしすぎると、焼いてる時に生地からバターがもれて骨っぽい食感になります。
バターは常温(22度以上30度以下)で自然に柔らかくしてください。
麺棒で叩いて薄くし、ラップで密封して放置するのがベストです。
小麦が入る配合の場合は、必ず冷蔵庫で1日寝かして、
アイスボックスにした方が良いでしょう!
仕込んだ当日の生地は素材同士が混ざりすぎ、
そのまま焼くと、平凡な味になります。
極力1日冷蔵庫で寝かした方が素材1つ1つの味が引き立ちますよ」



要するに、どれもこれも嘆かわしいわぃ!ということらしい。(笑)
そんなキミも、高校時代は、私がいい加減な手順で作った差し入れを
食べていたのさ!(ニヤッ)



貴重な休憩時間を割いて、アホメールに付き合ってくれてどうもありがとう。
みなさま、どうぞ参考になさってください。


たぶん餃子
2009年04月15日 (水) | 編集 |
いつかの夕飯。

餃子?

夕方帰宅した私に、母が深刻な様子で
「お母さんなぁ・・・」と話しかける。
何事かと思ったら、

「間違えてワンタンの皮買うてきてしもたんや…」

具を作り、パッケージを破るまで気付かなかったそうで、
仕方がないので「まぁえっかー」とそのまま続行したらしい。




生八ツ橋か!