これ作れそう~って物色しながら雑貨屋を巡るのが好きです。既製品は買い渋るくせに、資料や材料には至ってザル。むしろ買った方が安いだろう、手作りにまつわる日々のあれこれを綴る「ソーイングブログ」です。(たぶん)
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ひじきのふりかけ
2009年06月06日 (土) | 編集 |

「てんきち母ちゃん」のブログのファンで、
主婦でもないのに著書を全部持っています。
いつも店で買ってるこれが、おぉ、家でも作れるんや~、と
喜び勇んで作ったのが、「ひじきのしっとり梅ふりかけ」。

一度作って、美味しく出来たので、よし、
今度は多めに作っておこう、と、買ってきたひじきを1袋全部もどしたら、




明らかに戻しすぎた・・・。




そして、それを全部ふりかけにする・・・。
フライパンから溢れんばかりで(いや、かなりこぼした)手こずったけど、
酸っぱいもん好きなので、梅と青じそ多めで。
当分、黒い弁当の日が続く模様です。



今日はついでに、取引肉 鶏ひき肉のつみれを揚げたものと、
豚肉でしそとチーズを巻いたものをフライにしたやつと、
チーズが足りなくなって、残った肉でアスパラを巻いて焼いたものを、
まとめて作って、おかずの作り置きもしました。
これを冷凍して、玉子焼きとご飯はあったかいまま、
揚げ物は凍ったまま、朝15分どころか、5分で弁当を入れます。
かなりセオリー無視ですが、ま、食べるのは私なので・・・。

このサブタイトルの「オッサン弁当」というところと、
ちょっとレトロな感じのフォントが好き。


アルミカップをたくさん使って詰めるより、
よほど味が混ざっておかしくなるおかずでない限り、
私は仕切りも何も使わず詰めるのが好きなので、
(食べにくい、面倒くさい、もったいない、という理由から)
この本の、「おかずの味がご飯にしみるのも計算済み」、っていう
潔いポリシーが、個人的にはとても好きです(笑)

スポンサーサイト

猫からも、よろしくと。
2009年06月04日 (木) | 編集 |

下のラブリーなギフトが入ってた段ボール箱。




猫も喜んどります。


イメージカラー
2009年06月04日 (木) | 編集 |

ギフト

先日のお祝い祭りから数日。
後輩男子の1人(正確には彼の奥さん)から、ご丁寧なお返しのサプライズが!


確か夜の8時頃だったか、母が、階段の下から、

「弁当箱(食洗器に入れときなよ)~」
「風呂、空いたで~」
「車、(車庫の中で)入れ替えといて~」
「何か荷物届いとうで~」

と何度も叫ぶので、(かなりスルーしていたので)
いい加減うるっさいなぁーと思いながら降りて行ったら、
どうやら「自分で注文したもの」ではなさそうな荷物が階段に。

送り主が後輩の名前になってるのを見つけると、
今度は、(なんで、はよー言うてくれんのよ)と、イラッ。(勝手な・・・)
用事を済ませていそいそと小包を抱えて2階へ駆け上がり、
箱を開けると、中にこれがね!!
ひや~、なんてラブリーなんでしょうか・・・heart03
そして、めっちゃいい匂いです。




(1度もかけたことはない←そもそも合ってるのか?)携帯が、
つながらなかったので、送り状にあった自宅の電話番号にかけると、
まだお会いしたことのない奥さんが出られて、恐る恐る、
「あの・・・えーっと、分かりますかね?はじめまして・・・」と名乗る、挙動不審の私。
(決して、浮気相手とか、怪しいもんじゃございませんのよ、という気持ちを込め)

「ありがとうございますー」「いえいえーこちらこそー」と、
しばらくシーソーのような会話が続いた後、
これが奥さんのお見立てだったのかな、と思い、尋ねたら、
想像通り、「はぃー、私が勝手に選んだので・・・アップロードファイル」とのことでした。

そうでしょう、そうでしょう、
彼の持つ私のイメージに、こんな可愛いピンクはまずアリエナイ。

「これ、あの子が見たら爆笑しますね・・・」
「え~、そうなんですか?・・・(笑)」

聞けば、ちょうど子どもをお風呂に入れてる、とかで、
本人がその場にいないのをいいことに、
日ごろの彼の親バカぶりやら、
「こんなに変わると思わなかった」、ことやら、
いつも私に送ってきてくれるメールや年賀状の口の悪さを、
2人でつい盛り上がって、それでは、と電話を切る。(笑)

たぶん、私が働いてるから、と「夜間指定」にしてあったところとか、
丁寧な直筆のカードが添えられていたこととか、
一体、どんな「先輩」を想像して選んでもらったのやらー、なところとか、
もう全てが、なんて可愛いんだろーと思えてしまいます。

気になってたお祝いをやっと贈ってあげられただけで、私は自己満足なんですが、
こうやって話す機会ができたこともすごくうれしかったです。

直接話さなかったこともあり、とりあえず後ほど「ありがとう」とメールしたら、
毒舌男子、一言、

「今度は結婚祝い送りますね」
と書いてきやがった。

そうきたか!

2009年06月03日 (水) | 編集 |

さすがにもう6月だから、と羽根布団も毛布も洗って干して圧縮したけど、
何となく肌寒いのは人間だけではないようで。


丸
そないにまるぅ~ならんでもー。

ブロッコリーが怖い
2009年06月01日 (月) | 編集 |

お野菜は、虫が付いてるくらいの方が、安全。

地産の、無農薬の、作り手の分かったものがいいのは分かってますけど、
どこかからいただいたブロッコリー(ほとんど花になりかけ)を、
母が「茹でてマヨネーズかけただけ」でどーんとテーブルに出していたある日、
黄緑色(花になりかけなので)のその中に横たわる、
同じ色の、茹でア●ムシ発見!!!!!


「虫くらいおるわー」と涼しい顔で、そのア●ムシ「だけ」つまんでのけた母。
(気付かなくて悪かった、とか思わないのか、この人は)

5000歩くらい譲って、まあよしとしましょう。
その日の夕食のメイン(は何だったっけか)の付け合せに、
何食わぬ顔で残ったブロッコリーを添えてる神経はどうよ?

お陰で、すっかりブロッコリーが怖くなってしまいました。
というか、母の手料理がかなり恐怖。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。