これ作れそう~って物色しながら雑貨屋を巡るのが好きです。既製品は買い渋るくせに、資料や材料には至ってザル。むしろ買った方が安いだろう、手作りにまつわる日々のあれこれを綴る「ソーイングブログ」です。(たぶん)
仕事納め(2)
2010年12月31日 (金) | 編集 |

昨日で、今度こそようやく仕事納めでした。(ホッ)

「本社事務所」と言えば聞こえはいいけど、
プレハブに毛が生えた程度の、ちゃっちー建物。
きっと、受付の女の子は、お客さんをお通しするたび、
恥ずかしいと思ってると思う。

パソコンの入力の応援に行って(2F)、しばらく作業をしてたけど、
外は雪も降っていて、どうにも寒くて手が動かない!
辺りを見渡したら、床の穴からものすごい冷気が上がって来てて、

・・・って、私がそれに気が付いたのは、
2年前の年末だったんじゃないだろうか。
「ここから(冷気が)上がって来よんですやんか~!!!」と
その年は部長のかばんで塞ぎ、(そうか~、わし気が付かんかったわ~)

去年は確か、その辺にあった書類か何かを積んで、
「まだ何もしてへんのんですかー!ここですやん、寒いのは!」
とお知らせしておいたというのに、

今年もまだ放置か!

あんまり冷えるので、入力を中断して、
散らかった上司の(←けっこー重役)机の上で段ボールを広げ、
フタを工作することに。カッター貸してもらえます~?

内装屋さん(だけではないんだけど)が、型紙もないのに、
家の凹凸に合わせてぴったりフロアタイルを敷き詰められてるのが
不思議でならなくて、どうやって切るのか教えていただいたので、

・・・理屈は今でもイマイチ理解出来てないんですけど・・・、

段ボール
見よう見まねでやってみたら、何となく
デキマシタデキマシタ~!!!



寒すぎて(途中でエアコン故障)集中力が切れて、
恐らく入力ミスだらけじゃないかと思われる事務作業より、
よっぽどこの方が貢献度が高かったと思う。
(コーヒー2杯分、おごってもらいました)
(100円もらった)

さ、年賀状も刷り上ったので、そば食べてきまーす。


仕事納め
2010年12月29日 (水) | 編集 |

職場は今日で仕事納めだったんですが、
本社の事務所が忙しくって、私だけ明日も借り出されます。
エクセルもワードも出来ないのに、(このパソコンはジャストホーム仕様です)
我流のブラインドタッチ(?)で、キーを打つのだけ速いので、
(もちろん間違えて「Backspace」キーで戻ってる操作もコミで)
音だけ聞いてたら、ものすごく「デキル」ように映るらしいです。
終日、データ入力のお手伝いです。

少しでも高く評価してもらえることは、うれしいけど、
買いかぶらないで、休ませてもらいたい。
特別な手当てが出るわけじゃなしー。寒いしー。肩凝るしー。
掃除もしたいし、年賀状残ってるしー!!

部長にコーヒーくらい、おごってもーらお。

というわけで、年賀状は昨年同様、今から、
「猫の服に取り掛かろうかな」というスロースターター。
元日には、とうてい届きませんが、
友人知人のみなさま、期待せずお待ちください。

って、ブログに書き込んでる場合じゃないけど。
(はよ縫えぃ、自分!)

計算して
2010年12月25日 (土) | 編集 |

休日の前日、母に、
「あんた明日弁当要らんなあ?」と尋ねられたので、
「あー」と答えた。(中学生男子並みの愛想のなさ)
聞かんでも分かってるやん、という内容の返事は面倒臭い。
(休みのたびに、こうだから!)

母は、一日分のご飯を、朝一度に炊くという、
横着この上ない家事パターンを崩さない。
そして、朝炊いたご飯は、夕飯までジャーの中で保温する。
(翌日に持ち越さなくなっただけ、進歩している)
私が、お弁当を持って行かない日は、
朝に炊けていないといけない理由がないので、
炊き上がりがお昼、になるだけ。(朝はパン。全てセルフサービス)

(私の名誉のために言っておくと、母は私のお弁当作りには、
ご飯の炊き上がりを合わせてくれる以外、一切関与していない。
むしろ、お弁当用に残しておこうとした夕飯のおかずを
「こんだけくらい、残さんと!」とさらえてしまったり、
朝、おかずを詰めてる横で自分のコーヒーを用意してたりする(←邪魔))


その日は、出掛ける予定がなかったので、
と言うか、出掛けてる場合じゃないので、
私は3食、家で食事をしたわけなのだけど、
夕飯時、お茶碗にご飯をよそおうとして炊飯器のふたを開けてビックリ。
どうみても(3人家族で)1人分強のご飯しかないじゃないか。

「これ、全然足らへんで?どないすんのよ!見ず?」と言ったら、
「お母さん、足りるー思とんもん、(結局のところ見ていない)」と言う。
しばらくは、なんで夕飯の支度を始める前に確認しないのか、ということについて、
グチグチお説教を垂れていたのだけど、

「いいや、ちゃんと計算しとう!」
「お母さんいっつもちゃんと計算して炊きよんやで!」
「あんたが弁当に持って行く分だけ減らして、
ちゃんと計算して、2合炊いたんや!」と、
ああ言えばこう言う口が引き下がらない。挙句の果てに、

1人だけ少し遅れて昼食を食べた父のせいにし、
「お父さんがようさん食べとんやわ!
だからいっぺんに(揃って)食べてくれんと困るんや。
きらいや、ちゃんと計算しとんのに!」
「もう、お母さんご飯なくてもええ!」と、逆切れする始末。


って、1日分で2合って、それだけで足りなくない?

・・・ふと気付いたのは、

減らしたらあかんがなー! 
ということだった(笑)
計算出来てませんやーん。

りほーむ*ビス
2010年12月25日 (土) | 編集 |

たぶん、これかな。


大工さんが、バンッ!バンッ!とすごい速さで
板やらなんやらを打ち付けてはる機械が、
ピンとか、釘とか、そういう物が高速で出てきてるんだろうと思っていて、
電動ドリルで留めるビス(ネジ)と、それの頭が同じなのに気付いたのは、
工事が始まってだいぶ経ってからでした。

「えっ?!これって、ビスが出てるんやったんですかーっ!!!」と聞いたら、
一瞬でぐるぐるっと回ってるんだそう。だから、後から反対に回したら取れるのか~!
後ろに柱がある所とない所と、器具を使い分けてるんだと教えてもらいました。
へ~!すっごーい☆と感動していたら、その横を通り過ぎざまに、

「大工さんも、だんだん横着になってね~・・・」と電気屋さんがボソッと
解説しはるので、おかしかった。

工事の様子と、見たこともない工具がいっぱい間近で見られて、
毎日でもずーっとへばりついて見ていたい気分。(作業の邪魔です)
仕事が忙しくなかったのをいいことに、実際、隙さえあれば休みまくりました。
(職場のみなさんごめんなさーい。)


バンッ!


バンッ!



小さい頃、買い物に行くスーパーのレジのすぐ横にパン屋さんがあって、
中の工房の様子がガラス張りでよく見えるようになっていたので、
私は母がお会計と袋詰めを終えるまでガラスにへばりついてる子どもでした。

ホームセンターに行って、DIYコーナーに足を踏み入れたら、
なかなか帰れないし(買わないのに)(使わないのに)、
とにかく、物を作る工程、道具、材料、たまりません。わんだほー。

煮汁は煮詰めてください
2010年12月25日 (土) | 編集 |

夕飯時、イカと小芋を炊いたおかずが1品。換気扇を付け忘れたか、
部屋中にそのイカ臭いニオイが充満してうんざりしているところに、
「明日、そこに おから入れて炊こー思うんや~」と母。

夜、自分の部屋に入って行ったのを見送って、即、
鍋に残ってた煮汁を捨ててやりました!
ファインプレー!

柚子湯
2010年12月25日 (土) | 編集 |
「今日のありえない」・・・
冬至の前日に、浴槽に柚子が浮いていたこと。

そして翌日(冬至)、今日こそもう一度柚子湯に入ろうと、
種やら果肉やらをざっとすくっただけでお湯を張り、(再利用)
父の後に入ろうとしていた母が、

なにこれー!と突如叫んで、
「なんでお父さん、お湯を落として(減らして)水入れとん!!」と
言いがかりをつけて大騒ぎしていたこと。意味分からん。
誰がこの寒い時期にわざわざそんなことするか。

お湯の残量が50Lを切っていて追い炊きができません、と
表示されてたらしく、(えこきゅーとの弱点、ですかね)

私に「あんた、ちょっと待ってからじゃないと風呂入れんわ。あー寒っ!」
と言い残して、自分はさっさと寝てしまった。
なんですかね、その怪現象は。
(が、いかんせん、取扱説明書が見当たらないのです)

入れるか入れないか、ダメモトで夜中に降りてみたら、
お湯が100Lになっていて、「追い炊き可能」だったので、
じゃあ、入るか、とフタを開けたら、浴槽には1滴も水がなく、
柚子がごろごろしているだけ。
栓は閉まってるのにな、とよーく見たら、

栓の隙間にこれでもかというくらい、果肉と種が詰まっていて、
そらお湯も漏れるわー!という状態だった。



そもそも柚子は、さらしか何かの袋に入れるもんらしいで。
(そこから間違っている)
だいたいこうなることは予測できたから、悲しい。

メリークリスマス!
2010年12月24日 (金) | 編集 |

メリクリ!

メリークリスマス!
目下、壁塗りで多忙のため、
友人知人のみなさんへの携帯メール割愛します(笑)



デコペン買いに寄ったら売ってなくて、はしごしたくても店がなくて、時間もなくて、
売り場の前で小さくパニックになる。(((( ( ゚ Д ゚ :) ))))

やむを得ずトーストに塗るチョコクリームを買って、
ジッパー付きの(事務用の)袋に入れて絞り出す、という暴挙に出たけど、
これが案外デコペンより扱いやすかったのだった。ケッカオーライ。
(※でも、袋は破れやすいのでご注意を!)

それはそうと、どういうわけか
ホイップクリーム(ホイップ済みのやつ)のコンディションが最悪でした。
ぼそぼそして顔に丸みが出ないし、イチゴの上に載ってるの、ナンダソレー!だ。

りほーむ*ネズミ屋敷より
2010年12月07日 (火) | 編集 |
工事もいよいよ大詰め。
気の効いたタイトルも思いつかず(笑)日付も前後しますが、
記録もかねて家の様子など。
(カテゴリ、分けました)


床が腐りかけて、応急処置でしのいでいたトイレと、
低くて使いづらい洗面所と、
浴槽が深くて入りづらい上に、ヒビをテープを塞いでて、
シャワーは壊れてて、カビだらけで、とにかくくつろげないお風呂と、
フードの入り組んだところにある換気扇なんて
掃除するのを諦めて何年も経ってた、継ぎ目だらけの台所。
まぁ、とにかく「手入れ」する気にもならなかった我が家。

我慢の限界。どないかしてくれぃ!と始まった改修工事は、10月某日、
物置、門扉に続いて、トイレ、洗面所、お風呂場の解体へ。
天井をはがしたら、干からびたネズミが数匹降ってきたらしいです。
だろうねー、だろうねー。
壁からは、ぺらっぺらの断熱材と廃材が出てきたそう。
突貫工事で建った家なので、仕上げがザツー、っていうのは
子ども心にも思ってたけど、目に見えるとこですらそうなので、
あちこち出てくるものです。

すみませんね、力不足で。




大工さん、断熱材をタッカーで止めてるとこ。
猫は音が怖くて降りてきません。


これが今度の壁に。
ホットケーキみたいで美味しそうやなーと思って、
これで寝てみたい、と言ったら、
ガラス繊維が入ってるそうで、

「あー、そこで寝たら、かいぃー、なりますよ」と止められる。
とてもざんねん。

白ゴマ
2010年12月05日 (日) | 編集 |

白ゴマ

それに気が付いたのは、まだ半袖を着ていたから、
夏ごろだったかと思う。

ある時、ベッドの上に無数の白ゴマが落ちているのを見つけて、

「私、ここで何か食べたっけー」
「それにしても白ゴマってー」
笑うわー、はっはっはー。

と大笑いしてすっかり忘れてたんだけど、(忘れるか)
1ヶ月くらいして再び同じものが落ちてるのを発見。
しかも枕元や布団の中から無数に!!
さすがに今度は言い切れる。食べてへん、食べてへん。と。
(((( ( ゚ Д ゚ :) ))))

さぁ、どうやらこれは「白ゴマ」ではないらしいということになった。
ふと嫌~な予感がして、「虫のたまご/白ゴマ」で検索したところ、
出るわ出るわ。同じような質問と、


↓ ↓ ↓
(続きもあるよ・・・)

フライング
2010年12月03日 (金) | 編集 |

夕べ(2日)、携帯の充電が途中で切れたのを、
面倒くさいのでそのままにして寝てしまって、
今朝、どうりで目覚まし鳴らんはずやわ、と充電器に差し込んだら、
友達から「遅くなったけどお誕生日おめでとう!」と
夕べのうちにメールが入ってました。

友よ・・・。悪いけどあたしの誕生日は4日だ。

違ってるぞーという返事を出したら、
「ごめん、(誕生日が)3日やと思ってたー!!」
「朝一番に送ろうと思ってたら夜になったので、もう少し遅らせばよかった」と、
さらに今日の日付も勘違いしてる返事が返ってきて、

まあ、何はともあれ、
誰よりも早いお祝い、どうもありがとうなのねー。



しかも、2回目(笑)