これ作れそう~って物色しながら雑貨屋を巡るのが好きです。既製品は買い渋るくせに、資料や材料には至ってザル。むしろ買った方が安いだろう、手作りにまつわる日々のあれこれを綴る「ソーイングブログ」です。(たぶん)
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
遊園地はつまらぬ
2007年11月24日 (土) | 編集 |
usj.jpg
 兵庫に住みながら、まだUSJなるものに行ったことがありませんでした。思い起こせば、今まで生きてきて、遊園地を楽しいと思った記憶があまりない。




その1 乗り物酔いがひどく、少しのアップダウンで簡単に酔う。(その昔、「三半規管がない」と知人が言った) 酔うまい、と心して、バスなり、自宅の車なりに乗り込むと、目的地に着くまでに疲れ果てていた。つまらぬ。

その2 一人っ子なので、家族で旅行に行くと、アトラクションなどには一人で乗せられることが多かった。だいたい、行楽地ってやつは、自分と同じテンションで、「わーい」と言ってくれる人間がいれくれてこそ楽しい。つまらぬ。

その3 いとこの一家と出かけたことがある。みんなでご飯を食べ、さあ、これから、という矢先、父が迷子になった。貴重な時間を、捜索に割かれる。幸い、いとこ(当時4歳くらい)に発見され、無事合流できたのもつかの間、今度は胆石が動き出した、と救急車で運ばれた・・・アップロードファイル
残された子どもたちはつくづく散々な目にあった。

その4 子ども会のバス旅行。同級生と遊びまくろうではないか、と意気込み、2つめに乗った乗り物でノックダウン。暑いさなか、運転手のおっちゃんとバスで待機。付き添いの母は、世話役か何かで団体行動をしていて、途中でカキ氷を差し入れに来てくれたことしか覚えていない。まったくもって、遊園地はつまらぬ。

そんな私を、「行っとかな~!」と、友人たちがUSJへと引っ張り出してくれました。
長い前置きはこの辺で・・・。浮かれ旅行記につづきます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック