これ作れそう~って物色しながら雑貨屋を巡るのが好きです。既製品は買い渋るくせに、資料や材料には至ってザル。むしろ買った方が安いだろう、手作りにまつわる日々のあれこれを綴る「ソーイングブログ」です。(たぶん)
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
嘆かわしい
2009年04月15日 (水) | 編集 |

ちゃんとプロセス通り作った、リベンジきなこクッキー。



先日作った、セオリー無視クッキーの話を、
どーしてもプロに話したくて、アホなメールを送ったところ、

「クッキー生地を作る時に、
バターは絶対溶かしてはダメですよ」
と、
パティスリー・ド・グラースの亀ちゃんより、丁重な突っ込みメールをいただいた(笑)



(以下、メールより抜粋)

「柔らかくしすぎると、焼いてる時に生地からバターがもれて骨っぽい食感になります。
バターは常温(22度以上30度以下)で自然に柔らかくしてください。
麺棒で叩いて薄くし、ラップで密封して放置するのがベストです。
小麦が入る配合の場合は、必ず冷蔵庫で1日寝かして、
アイスボックスにした方が良いでしょう!
仕込んだ当日の生地は素材同士が混ざりすぎ、
そのまま焼くと、平凡な味になります。
極力1日冷蔵庫で寝かした方が素材1つ1つの味が引き立ちますよ」



要するに、どれもこれも嘆かわしいわぃ!ということらしい。(笑)
そんなキミも、高校時代は、私がいい加減な手順で作った差し入れを
食べていたのさ!(ニヤッ)



貴重な休憩時間を割いて、アホメールに付き合ってくれてどうもありがとう。
みなさま、どうぞ参考になさってください。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック