これ作れそう~って物色しながら雑貨屋を巡るのが好きです。既製品は買い渋るくせに、資料や材料には至ってザル。むしろ買った方が安いだろう、手作りにまつわる日々のあれこれを綴る「ソーイングブログ」です。(たぶん)
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


包みゃーいいってもんじゃ、
2010年03月17日 (水) | 編集 |

仕事から帰ったら、開口一番、「たこ焼き食べるかー?」と言われたんです。

台所に目をやると、
どういう訳かブルゾンを羽織って(寒かったらしい)、帽子をかぶったままという、
(今、ウォーキングから帰ってきたばかりか?)みたいな、
かなり怪しいイデタチで、たこ焼きを焼きながら、
「今日は餃子やから、(たこ焼きは焼いたるから、餃子は)、あんた焼いてな」と母。
(※その場に居れば、私の係です。)

母は時々、「食べたかったから~」、と、夕飯の支度もそこそこに
突如たこ焼きを焼き始めることがある困った人で、
その、おかずともおやつともつかない、中途半端な料理から先に手をつけるので、
夕飯がまったく間に合ってない、ということがたびたびある。

そいういう訳なので、今日もメインの餃子が後回しにされていたのだけど、
おかげで小腹も満たしたので、しょうがないな、と台所に立とうとしたら、

「包みよったらちょっと具が足らんようになってなー、」
(・・・ってことは市販の餃子じゃない、ってことやな)

「3つか4つ、※イカナゴ(の釘煮)入っとーやつがあるから!」
と衝撃のタネ明かしをした。((((( ( ゚ Д ゚ :) ))))
当たったらアンラッキー。ロシアンルーレット的な?
(※関西の春の味覚です。(頂き物) )

母がフライパン一面に 並べて 隙間なく敷き詰めていた餃子を、
ちょっとキレながら、とりあえず減らして並べ直して、お湯を注いだのだが、
餃子の口の塞ぎ方がザツいので、お湯が浸入して、
中で佃煮と混ざり、それがフライパン全体に戻って、
砂糖醤油で煮詰めたみたいに若干こげつくのに、イラッときたので、
餃子の中身には向いていないことを、伝えておいた。

きょうの夕飯。「ごはん、たこ焼き、味噌汁」 以上。



ちなみに、中の具はというと、鶏ひき肉に、「冬の間ずっと植わってた」ニラを生のまま加え、
一切の味付けもなく、練り合わせもせずにまとめただけ。ニラがニラニラしてる!
どなたか、母に、せめて野菜の可食部について教えてやってはいただけまいか。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。