これ作れそう~って物色しながら雑貨屋を巡るのが好きです。既製品は買い渋るくせに、資料や材料には至ってザル。むしろ買った方が安いだろう、手作りにまつわる日々のあれこれを綴る「ソーイングブログ」です。(たぶん)
  • 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にわとりエプロン
2010年04月19日 (月) | 編集 |

友達のブログに、何度か、子どもたち(小学生の兄弟)が
仲良く台所で奮闘してる様子がアップされてたのを見て、

「よし、彼らにエプロンを作ろうー」と思いついて、
ジュニアサイズのエプロンの型紙or製図を探したのですが、
手持ちの本で載ってるのは5~6歳くらいのか、大人用のフリーサイズだし、
ネットからもまったく欲しい情報が拾えなくてビックリ。

120cmまでくらいの子ども服なら、ありとあらゆるものが出回ってるのに、
小学校高学年以上となると、激減なんですねー。
少ない理由の1つに、個人差が大きくなるので難しいから、
と、どこかで読んだことがあるように思いますが、
(きっと、「おかんの手作り服なんか、ダサくって着てらんねーぜ」
って年頃になるからじゃないかと、私は思う!)

そういう訳で、「たかだかエプロン」なのに、どこを何cmにすればいいのか、
紐の長さは何cm必要なのか、ポケットの位置はどの辺りがいいのか、
私にはさっぱり見当も付かないので、再度、家中の本をひっくり返したら、
古い雑誌に、かろうじて140cmサイズの製図が!
(ファミリーでお揃い、みたいな企画だった。ブラボー!)
1人では着づらいと思うけど、ごめんしてね。

たぶん、(友達が)ミッフィーが好きだった・・・と思うねん。


何を作ろうと思って買っていたのか分からない、
黄色のシーチング。役に立つ時が来た。

アイロン掛けてから撮ろうよ、自分。



そして青バージョン。

むかーし作った自分のエプロン、
(その時もブルーナさんのモチーフだった)の残り布。
だから、色のイメージはバッチリなのです。こちらはカツラギ。
本当は素材も揃えたかったけど、色優先で。

なぜ、ニワトリかって。特に意味はないです。
使うのがもったいなくて大事に置いてる、フェリシモの
「100枚便せん」から図案を(脚は省略した・・・)取りました。

黒で細かくジグザグして縁取りするのもいいのですが、今回は、
輪郭の黒を最初に縫い付けた後、それぞれの色をのせています。
文字は刺しゅうミシンのミモレさんが頑張りました。オツカレオツカレ。




    

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。