これ作れそう~って物色しながら雑貨屋を巡るのが好きです。既製品は買い渋るくせに、資料や材料には至ってザル。むしろ買った方が安いだろう、手作りにまつわる日々のあれこれを綴る「ソーイングブログ」です。(たぶん)
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
みかんのカステラ
2010年04月18日 (日) | 編集 |

カステラ

なかしましほさんの本、
 まいにち食べたい“ごはんのような”シフォンケーキの本 から、
「みかんのカステラ」を。


巻末の方に少しだけ紹介してあったカステラ。材料を見てたら、
薄力粉が強力粉に代わるだけで、作り方も材料もほとんどシフォンと同じ。
(知らんかったな~)(作ってみようと思ったことがないな)

それなら試してみたいと思って、食べるつもりだった朝食のオレンジを
犠牲にして、果汁を絞って作ってみました。

生地の状態で味見をしたら、酸味が足りなくて、
粉末のレモンを(かなり)振り入れたのに、

ぜーんぜん物足りないんですけどー!!
もっと酸っぱくてもいいのに・・・。
(※料理の付け合せのレモンは必ず食べる私基準)

みかんの風味そのものも弱くて、言われないと分からない感じだけど、
それは、(上白糖で代用したからでしょうかー)
それとも、(寒さで固まってる蜂蜜が、湯煎にかけてもなかなか戻らないので、
「ザラザラ蜂蜜」のまま強行したせいでしょうかー)
それとも、(そのザラザラ蜂蜜の容器に大さじが入らなかったので、
大さじ2杯分を小さじで何度もすくって入れた(=目分量)せいでしょうかー)
それとも、・・・(まだあるかね)

やっぱりこれがなくては!と、底にはザラメを敷きました。
みかんの、というからには、フルーティーさがもう少し残っていて欲しいけど、
カステラとして普通に美味しい出来!!家で作れると分かって楽しい発見でした。
持ち運びやすいので、手土産にするのにもよさそうですね。




この本で使われている材料のほとんどは、こだわり厳選素材!
あんまりお安い、とも、手軽に揃うとも言えなくて、
「上白糖でも、キャノーラ油でも作れるってぇ!」ってな調子。
代用、代用のオンパレードです。

ちなみに、ボウルごと少し凍らせた卵白でメレンゲを作るよう、指示がありますが、
冷蔵庫から出してきた卵でも作れます。っていうか、入らないのでそうします。
(冷凍庫にボウルが入るスペースのある状態のお宅って、絶対少ないと思うのよ!)

オーガニック志向の本を買っておいて、その材料に全く従順でないので、
だったら普通のレシピ本のレシピで作れ、って叱られそうですが、
料理やお菓子の本を買っても、たいてい眺めるだけで満足してしまうのに、
なぜか作ってみたいと思わせてくれるので、不思議な魅力があるなと思います。
そもそも、カステラもそんなに好きじゃないのに!(笑)

たぶん、家にあるもので作れないか、実験したくなるので、
次々作ってみたくなるのかな、と思います。
(趣旨が間違ってるぞ、私!)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック