これ作れそう~って物色しながら雑貨屋を巡るのが好きです。既製品は買い渋るくせに、資料や材料には至ってザル。むしろ買った方が安いだろう、手作りにまつわる日々のあれこれを綴る「ソーイングブログ」です。(たぶん)
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


シュシュを作るの巻
2010年06月21日 (月) | 編集 |

友達に、シュシュの作り方を説明してたんですが、
「全然分からない!」と言うので、写真で解説してみます。
「知ってるよー」という方もいらっしゃると思いますが、どうぞご一緒に。
レッツ、スタート。



細長く切った布を用意。これは8cm×65cmくらいだけど、
布の種類や、作りたいシュシュの大きさにもよるので、
あんまりこれにこだわらずお好みで。個人的には、
これだと、幅は10cmくらいあっても良かったかも。って思っています。


布の端を中表で縫い合わせて、「輪」にします。
これは、縫い目を左にずらしたところ。
このまま、お好み焼きの要領で上下をペッタンと引っくり返したら、


縫い目を下にして、上にある布を細くたたみます。
待ち針は分かりやすいように留めてるだけ。このまま縫ったら、
縫いこんでしまうので、ダメです。
(取り忘れてあわや縫い込むとこでした)


下側の布で上の布を包むようにして、中表で縫い合わせます。
輪にした縫い目から縫い始めると、布がよじれなくて済むので、
その継ぎ目のところからスタート。縫い始めは返し縫いを忘れずに!
中の布を縫ってしまわないように、できるだけ奥に押し込んで、
ギョーザを包むようなイメージで進んくださいませ。


もう縫えるところがなくなるー!
ってところまで来たら、


中の布を引っ張ります。
先に縫った部分が、自動的にくしゅくしゅ裏返って出てきます。
布で作った「ひも」を裏返すのと同じです。


少しずつ引っくり返しながら縫ったら、ぐるっと1周してます。
ミシンで縫えるのは、縫い始めの5cmほど手前までになるかと思うので、
そこが返し口になります。縫い終わりもしっかり返し縫いを。


返し口から全部引っくり返したら、
へび花火の出来上がり~。


へび花火にゴムを入れます。(※長さは適当)
私は途中で「スパーンッ!」ってなる(外れる)のが嫌いなので、
ゴム通しには安全ピンを使います。


結んでもいいけど、重ねて縫う方がゴロゴロしないです。
ここもしっかり縫っておいてね。

細いミシン糸1本どりで波縫いして、
シュシュに仕上がってから試しにくくってみたら、見事に
「スパーンッ!」ってなりました・・・(涙)
(ほどかなあかんやん、縫い直さなあかんやん・・・。)



返し口を手縫いでかがって、塞いだら出来上がり~!



って、伝わってたら嬉しいんやけど!

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。