これ作れそう~って物色しながら雑貨屋を巡るのが好きです。既製品は買い渋るくせに、資料や材料には至ってザル。むしろ買った方が安いだろう、手作りにまつわる日々のあれこれを綴る「ソーイングブログ」です。(たぶん)
  • 03«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »05
タカハシさん。
2011年01月15日 (土) | 編集 |

夕べ、高校の時の友達から、「今、実家から、
『高校時代にアンタと仲の良かった、高橋さん、て人 が、
連絡を取りたいからメールアドレスを教えてって言うてるでー』
と連絡があったんやけど、仲良かった高橋さんが記憶にない。覚えてる?」

というメールが届きました。

高校は被服科で、1クラスしかなかったため、3年間一緒。
好きな男子の隣の席になれるかしらー、的なドキドキ感とは無縁だったので、
席替えも1,2回、したかしなかったか、というくらい。なので、出席番号順に、
教室の左端の「アカマツさん」、から始まって、右の一番後ろの「ヨシノさん」まで、
どの辺りの席に誰が座っていたか、だいたいスラスラ出てくるのだけど・・・


高橋さんは、おらんかったで~。
ていうか、仲良かったら、私が知らんはずないし・・・。

「おらんおらん!」と返信したらば、


すぐさま、
「アホのオカンから(アホのオカンて・・・)、
『中学校の高橋さんやった!』と連絡がありました!!!!
ごめんなさい!!」 と返信が・・・・。

そら知らんわー!(笑)(中学は別だ)
じゃ、卒業アルバムとか、調べなくても良さそうやね。



別の友達に確認したら、確かに高橋さんは居たそうなのですが、
あまり仲良くしてへんかったと思うけど?・・・とのことで、

案の定、本人は中学校の高橋さんも分からへんそうです。(おぃ)
世知辛い世の中、その高橋さんが、ほんまに「仲の良かった高橋さん」
やったらええのにね、って思いました。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック