これ作れそう~って物色しながら雑貨屋を巡るのが好きです。既製品は買い渋るくせに、資料や材料には至ってザル。むしろ買った方が安いだろう、手作りにまつわる日々のあれこれを綴る「ソーイングブログ」です。(たぶん)
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ファッションショー(続き)
2011年01月17日 (月) | 編集 |


これは和裁室かな・・・。(たぶん)

さぁて、いよいよお楽しみのファッションショーが開幕~。
ショーの前には、懐かしい授業風景や校舎のスライドなんかも上映され、
音楽も、照明も、映像も、なかなか凝った作り。ほぇ~。
すごいなぁ、最近の高校生は・・・!



      

      

登場する衣装が、どれもこれも可愛くて、

やれ、「デザインが垢抜けてるわ~」だの、
「あたしらの時には、あんなん作らしてくれんかったのにー」だの、
「そもそもあんながなかったよな~」だの、
「あの型紙、どこで手に入るんやろう・・・」だの、
「あれやったら、フツーに普段に着れるやん~!」
「授業で作った服、着た事ないわー」「私、タイトスカートだけ、はいたで~」
「えっ!?そうなん?」・・・だのと喋りっぱなし。

在校生だけでなく、有志で卒業生も何人か出演したようで、

「あたしら、呼ばれへんかったな?」
「ゆうてくれたら出るのにな?」

(↑この2人、本気か!)

  


いやー、もう、どの子もめっちゃべっぴんさん!
高校生たちもみんな、なんて可愛いんだろうね。
もはや母親のように、温かーく見守りつつも、
終始、ちょっと羨ましい、うるさい2人でした。

違うな。
うん、全然違うな。
レベルが違うな・・・。


あたしら、ダサダサやったな。
そうやな・・・。

しいて言うなら、ドレスをテカテカのポリサテンで縫ってた子が多くて、
がんばって縫ってるだけに、安っぽい感じがすごく残念だった・・・。
学生なので、仕方がない部分ももちろんあるんだけど、
(私らも、そうだったけど)(当時はネットもなくて苦労したよね)

もうちょっとだけいい布で縫ってたら、ステージ衣装で終わらずに、
ほんとに挙式のお色直しで着れるレベルなのに、惜しいなぁと思ったのでした。







受付では、1人1人に記念の巾着が配られました。
この子らー、ステージの衣装作りながら、小物揃えて、
歩き方やダンスの練習して、ショーの構成考えて、リハーサルとかして、
それでこれを少なくとも300個は縫ったんやで~・・・。
(卒業生への案内の定員が300人+来賓、父兄)

ようやったね。えらかったね。(ノ-゜)
卒業して社会人になっても、頑張ってほしいね。
見に行っとけて、ほんとよかったと思う。



そうそう、ショーが終わってから、会場の外で、
洋裁の先生と、食物の先生と、(きゃ~!!!先生お久しぶり~!!)
和裁の、最も苦手だった先生(あ、どーもぉ・・・)にお会いしました。
担任の先生が欠席だったのがちょっと気がかり・・・。



(私信)
ちなみに、これを着て行ってたんやで~。
縫った服で行っとかなあかんか、と思って(笑)

また、ゆっくり喋ろうね。(ぜ~んぜん喋り足らない!)(笑)



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。