これ作れそう~って物色しながら雑貨屋を巡るのが好きです。既製品は買い渋るくせに、資料や材料には至ってザル。むしろ買った方が安いだろう、手作りにまつわる日々のあれこれを綴る「ソーイングブログ」です。(たぶん)
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
赤カビか赤サビか
2011年05月29日 (日) | 編集 |

IMG_4647.jpg

浴室の床に、結構早い時期から付いていた赤茶色の点々。
クリームクレンザーでこすっても落ちず、
今までにうちの風呂場では培養したことのない「色」だったので、
ネットで調べたり、職場で相談したりしていたら、

「それは赤カビじゃないの」「増えるよ」と言われて、
(((( ( ゚ Д ゚ :) ))))   (なんですってぇ-)

「沸騰重曹水」がいい、と聞いて作ってみたり、
急いでカビキラー的な洗剤を買ってきて吹きかけてみるも、無反応・・・


夜な夜な調べて行き着いたのは、
赤サビ色のカビ、ではなく、赤サビなんじゃないか、ということ。
まれに、鉄分の多い水道水が付着したり、ヘアピンなどからもらいサビで
付着したりすることがあるそうで、
心当たりがなかったので、はなっから除外していたのだけど、

(あ・・・鉄粉が落ちた可能性、あるかも)

そういや、お風呂の残り水を洗濯に使うために、
浴室の壁にホースを通す穴を開けてもらったので、
その時になしかしらの金属は落ちてるんじゃないか。
そして、間違いなくお風呂掃除は行き届いていない。

(これやん・・・!)


IMG_4653.jpg

正体がほぼ特定できたので、今度は「赤サビ」で検索。
鉄が化学反応してさびるので、それを戻してやればいい、と
書いてあったのだけど、そんな理科的なことは私には理解できず、
とりあえず「ハイドロハイター」を買ってこい、ということで、
お湯に溶かしたそれを、歯ブラシで塗っているところ。

漂白剤って、「白物」と「色柄物」の2種類だと思ってたけど、
「塩素系」と「還元系」があるなんて知らなかった!


IMG_4654.jpg

右上の茶色のシミみたいな部分が、
液を付けてこすった後。
ほとんどの点々は、こうやって付けてすぐこすっても
簡単に落ちていきました。

なにより腹が立つのは、
両親とも、この床に気が付いてすらいなかったということ。



img-4658.jpg

感謝、感謝。
少なくとも、うちのオカンよりええ仕事します。


コメント
この記事へのコメント
赤サビ
おぉおおお!!!
次男(小学5年生)が
風呂で砂鉄遊び(というか磁石にいっぱい砂鉄がついたので風呂の中でそれを洗い落とそうとしたらしい)をし、どうにも取れず困っておったのです!
こんなところに答えが!
2011/05/30(月) 01:09:40 | URL | ひよこママ #xRuqVxEo[ 編集]
ひよこちゃん
大人が思いも付かん遊びを、日々繰り広げてくれて、
なかなかユニークな次男ちゃん。

そう、それはサビやと思う。
というか、サビでしかないよね・・・。
成分とか、難しいことは分からんけど、とりあえず「ハイドロハイター」を買いに走るべし~!
役立つ情報で良かったよー。
2011/05/30(月) 18:57:29 | URL | chickchick #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック