これ作れそう~って物色しながら雑貨屋を巡るのが好きです。既製品は買い渋るくせに、資料や材料には至ってザル。むしろ買った方が安いだろう、手作りにまつわる日々のあれこれを綴る「ソーイングブログ」です。(たぶん)
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スモークサーモン
2011年10月30日 (日) | 編集 |

先日の夕飯時、食卓にのぼってた鮭の刺身についての、

(父)「あーんまり好きじゃないんやなぁ・・・」
(母)「そうな~ん」

という、老夫婦の今更発言を聞きながら、

ちょっと帰りが遅くなっただけやのに、
私の分は、茶碗も箸すらも用意してもらえてなかったので(怒)、
(そもそも忘れずに用意する気がない)

(嫌がらせか!)とか言いながら台所でご飯をよそっていたのだが、
実はその会話がおかしなことになっていた。


(父)「このサーモン、ちょっとクセあるな」
(母)「それ、サーモン違うもん」
(父)「ああ、ほいでかー。サーモンの方がええな」






この訳の分からん会話を、通訳出来る方がいらっしゃるだろうか。


父は、スモークサーモンの「スモーク」のことを、「サーモン」と間違えており、
母に至っては、鮭はあくまで鮭であり、
「サーモン」とは「スモークサーモン」のことを言うのだと思っている。

なので、奇跡的に、会話が成立しているのだ。
サーモンをスモークサーモンと置き換えて再現すると、


(父)「このスモークサーモン、ちょっとクセあるなあ」
(母)「それ、スモークサーモン違うもん」
(父)「ああ、だからか。スモークサーモンの方がええな」



ということになる。

母に、鮭は英語でサーモンって言うんやで、と教えときました。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。