これ作れそう~って物色しながら雑貨屋を巡るのが好きです。既製品は買い渋るくせに、資料や材料には至ってザル。むしろ買った方が安いだろう、手作りにまつわる日々のあれこれを綴る「ソーイングブログ」です。(たぶん)
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


駒大苫小牧×早稲田実
2006年08月21日 (月) | 編集 |
 
日曜日、決勝戦のことをすっかり忘れて部屋でくつろいでいて、
2時半に思い出してテレビのチャンネルを変えたんですが、7回で0-0。
もうすぐ終わるな~、これ見終わったら洗濯物入れよう・・・って思ってたらどえらい試合に。
再試合が決まった15回の早実の斉藤投手、147kmって・・・  
手に汗握る、というか、洗濯物も湿ってしまうわ、って話で。


昔、うちの高校が、少しだけ強かった時代。
地方大会の予選の「7日で5試合」(うち、1試合は延長14回)を
1人で投げ抜いた1年生ピッチャーがいて、
私は3年生で引退していて、進学組は補習というありがたい
お呼び出しのため、学校へ行かんとあかんかったところを、
制服着て、降りる駅を通過してそのまま球場へ通い詰めてたんですが(おい)、

身長160cmの小さな体(しかもめっちゃ童顔。どこのリトルリーグの子?って風貌)で
ひょーひょーと投げるので、1球1球、それはそれは冷や冷やして観戦したものでした。

そんな話を、昨年集まった時にしていたら、
「投げるのが面白くてしょうがなかった」って言うんですね。(まじ?)
試合後の斉藤投手が「もう1試合できるのがうれしい」と言っているのを見て、
(まだ投げるんかぃ!)と突っ込みながら、それをふと思い出しました。
あんな炎天下の大舞台で先発、完投、連投。どんな体力・・・。

草野球なんて、7回で終了ですよ、7回。
おっちゃんたちは、それ以上もちません。
時間も、1時間半を越えたら次のイニングには入らないですし。
球史に残る名試合を見ることが出来て、私もうれしかったです。

再試合は当然、仕事で見れず、でしたが、
休憩時間に「5分だけ見せてー!」と、無理矢理閉会式を見ました(笑)
駒大苫小牧の3連覇も見てみたかったけどね…。どちらもお疲れさまでした。



いや、確か「ソーイングブログ」だったと思います。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。