これ作れそう~って物色しながら雑貨屋を巡るのが好きです。既製品は買い渋るくせに、資料や材料には至ってザル。むしろ買った方が安いだろう、手作りにまつわる日々のあれこれを綴る「ソーイングブログ」です。(たぶん)
  • 05«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »07
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


キャリーオーバー
2006年09月17日 (日) | 編集 |

地元の草野球に行ってきました。私はお茶とスコアの係。(野次も)
先週は早朝から雨で、「中止になってないから集合」、というので、
4ℓのお茶を引っさげてしぶしぶ向かったのですが、
着いたとたん更にどしゃ降りになり、1時間も待機させられた後にようやく中止
お茶、といっても、ポットに水と氷とお茶パックを放り込むだけなので、
大した労力ではないのだけど、やっぱり捨てるとなるともったいない。
(どうすんのよ、これ~)とぶつぶつ言いながら撤去してると、
「来週まで置いとったら?」と、後輩男子。

一応、気遣ってくれているのですが口が悪い。
(飲むのは私じゃないからええけどねー

そーんな会話をしたことはすっかり忘れていて、
今日は蒸し暑くて、用意して行った分をちょうど飲みきったので、
(読みが当たったやん!)、と喜んでいると、
「やっと終わったんちゃうん?」と同じ後輩。
ん?なんのこと?

試合後に、最後の1杯を飲んでる子に向かって、
「お前それ、先週からのキャリーオーバーやで!」と言っているので、
(おいおい!)と言いつつツボにはまり笑い転げていると、

「だから当たる(食あたり)確立が上がっとるねん。」
「おぉ、だから俺、今日は(3打席)3デッドボールか・・・!」と1人納得しておりました。
キミのデッドボールは私のせいちゃう、っちゅーねん。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。