これ作れそう~って物色しながら雑貨屋を巡るのが好きです。既製品は買い渋るくせに、資料や材料には至ってザル。むしろ買った方が安いだろう、手作りにまつわる日々のあれこれを綴る「ソーイングブログ」です。(たぶん)
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


弘道お兄さんに会ってきました。
2006年11月13日 (月) | 編集 |
20061113211403.jpg
 
日曜日、弘道お兄さんのコンサートに行って来ました。

数ヶ月前、二人の子どもを持つ友達が、
「今度来るんやって~」とチラッと話したのに、一も二もなく乗り(♪)、
夏の暑い最中、二人で先行販売の列に並んでチケットを手に入れました。
一人2枚までだったので、思いがけず好都合。
まずまずの席を確保でき、(上には上がいましたから) 
早起きした甲斐があったというものです。

 ワクワクしながら駐車場を出ると、ゾロゾロと家族連れが会場へ向かっているので、
つい「親子連ればっかりやなあ~」と、分かり切った事をつぶやいてしまい、
間髪入れず「当たり前や!」と突っ込まれつつ、私たちも急ぎ足で会場へ。
感謝してますよ~。 さずがに私(独身)一人では行けますまい。

 幕が開いてご本人登場。(きゃ~本物~!!) 
田舎なので、有名人、というだけでおそらく会場中大感動なのです。
特別出演で参加されてた、おさむお兄さんとのコンビネーションもバッチリ。
歌もトークも軽快で、いまいち乗り切れていないお父さんの心も
しっかりつかんでらっしゃいました。プロや…。




友達の子どもは双子。親子体操をするコーナーがあり、私、ちょうどよい人手でした。

お笑いの要素たっぷりの子どもたち二人が、
(何か悪いもん、食べたん?)というくらい乗り乗りなのに加え、
我ら、実は幼児教育科卒。恐ろしく盛り上がってる一角だったと思います(笑)
途中でステージから客席へ降りられた弘道お兄さんにマイクを向けられ、
舞い上がりながらもしっかり歌っておきました

そんなハプニングもあってか、会場内で流れる、
2000円以上グッズを買ったら握手会の券がもらえます、というアナウンスを、
開演前は聞き流せたのに、終了後はどうしても聞き流せず、
著書(¥1000)なら買ってもいいんやけど、2冊は要らんしなぁ…と迷ってる私のそばで、
「私、DVD買うわ!」と友達が男前な決断を。
(この券は、1家族全員握手してもらえるってことなんやろか?)
(子どもだけやったら笑うな)なんて、解釈に苦しみながら
長い長い列に加わってたら、難なくスルー。
すみません、私まで握手していただきました。

双子たちは全く似てないので、もしかしたら
「仲良しのお母さん同士が、子どもにお揃いの服を着せている」、
ようにみえたかもしれないのに、です。便乗、便乗。
弘道お兄さん、きれいでした。うっとりー。

余談ですが、おさむお兄さんのトークの口調が、
「あ~・・・・弘道お兄さん・・・カッコいいですねぇ・・・・。僕もぉ~大好きなんですぅ・・・。
憧れちゃいますう・・・」って感じだったのです。

古畑任三郎の真似をする栗田貫一に似てると思ったのは、
気のせいだろうか」、と言ったら、友達は妙に納得してくれました(笑)



後日談。子どもたちは、といえば、・・・・・・・・
「知っと~歌、あんまり歌ってなかったな~。プリキュアとか歌ってくれたらよかったのに~」
なんて言っていたそう。おいおい。前半に飛ばしすぎて、途中から爆睡してたくせに。
明らかに、子どもより、大人の方がはしゃいだ、ミーハーな一日でした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。